日本医科大学健診医療センター

Top >  ピル >  中・高用量ピル

中・高用量ピル

中・高用量ピルは、低用量ピルのエストロゲンの量が1錠あたり50μg以下に対して、50〜150μgと含有量が多いのが特徴です。

中・高用量ピルは開発の初期でできた薬で、副作用が多く治療用に使われています。よくある副作用で、大変重症なものには、血栓症や発ガンの問題があります。また普通でも、腹痛や頭痛や眠気やだるさといった症状が頻発します。これでは、避妊のために身体をこわしてしまいます。避妊には低用量ピルで十分です。

中・高用量ピルは脳下垂体に働きかけ、性腺刺激ホルモンの分泌を抑え、排卵を止めます。また、子宮内膜に受精卵が着床する事を防いだり、精子が子宮に進入するのを妨げたりする作用があります。さらに月経量を少なくするという特徴から、病院では、月経不順(生理の周期がまちまちな状態ですが、周期が早かったり遅かったり、不定期だったりします。)や月経困難症(生理の時に生活が著しく困難になる状況で、腹痛や腰痛や頭痛など人によって様々な症状を呈します。いわゆる生理痛の激しい状態の人のこと)の治療をする目的で使用されています。

婦人家系の治療薬としては、非常に重宝されているようです。また、効果も高いといえます。

関連エントリー

中・高用量ピル低用量ピルピルを使わないほうがよい体質多毛症大人のニキビ(にきび)月経困難症、月経痛(生理痛)ピルにも利点と欠点があるのだマイルーラ


スポンサードリンク

更新履歴