日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  子宮弛緩症

子宮弛緩症

子宮弛緩症は、子宮収縮能力の低下による後産時の出血のことをいいます。

出産時に胎盤が外に出てくると、子宮は収縮して、胎盤剥離面からの出血は通常止まります。この止血に伴って重要な役割は、子宮筋の収縮です。筋肉が収縮する事は、血管を自然と押さえつけて出血を止めるのです。これを「生物学的結紮」と呼んでいます。

症状は、子宮弛緩症の症状は、生物学的結紮がうまく作用しないために出血が止まらない状態です。

原因は、「双子等の多胎妊娠、羊水過多症、巨大児,子宮筋腫の合併等によリ、子宮筋が伸展(伸びてしまった)為に収縮がうまくいかない」「微弱陣痛で子宮の収縮力が弱い(ホルモン分泌が足りない)」「胎盤片、血の塊、子宮内に残ったものによって子宮収縮がうまくいかない。」「前置胎盤(たいばんの位置が子宮口をふさいでいる状態)、胎盤早期剥離の分娩後」「膀胱や直腸の充満(便)」によります。

治療は、子宮収縮剤等の薬物療法、子宮内容物を取り除くなどの処置です。 

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴