日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  流産と子宮の病気

流産と子宮の病気

流産は、妊娠24週未満の分娩をいいます。人工流産と自然流産に分かれ、人工流産は日本では優生保護法の法律の下、指定医が許可された施設でのみ行うことが可能です。自然流産は、病気その他の要因で、妊娠の継続が不可能になり、排出される過程をいいます。

原因は、胎児側にある場合と母体側にある場合がありますが、胎児側の異常として主な原因は、染色体異常です。母体側の異常としては、子宮の奇形・炎症・腫瘤などによる子宮筋層・子宮内膜の異常、子宮頚管無力症、子宮損傷などがあげられます。また子宮の病気以外にも、心臓疾患や中毒症や自己免疫疾患などの病気も挙げられます。

子宮筋腫はそれ自体は緊急性はありませんが、妊娠時は、その部分の子宮内膜の発育不全が起こり、流産の可能性が高くなります。また、妊娠で女性ホルモンの量が多くなって子宮筋腫が大きくなリ、妊娠の邪魔をするという弊害も起きています。

診断は子宮出血と下腹部の痛みが主になります。内診や内分泌検査や超音波が検査の方法で、子宮外妊娠との鑑別が重要です。

治療は、切迫流産の場合は、子宮収縮抑制剤を利用した後の安静療法です。また、進行流産の場合は、流産を避けられず、母体の健康を考えたうえでの手術が適用されます。

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴