日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  閉経と更年期障害

閉経と更年期障害

閉経と共にエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が悪くなります。卵巣の摘出手術を行っても同様のことが起こり、身体は突然の変化に順応できない事があります。この時に出てくる症状が、動悸、のぼせ、発汗、頭痛、肩こり、身体の痛み、イライラ、精神不安定などの不定愁訴です。これを更年期障害と呼んでいます。

更年期障害は人によって症状はばらつきがあります。ただし、ホルモンの中枢は脳下垂体であり、このホルモンバランスの異常も、脳下垂体が時間と共に対処できるようになります。そして症状は落ち着いてくる事が多いです。

しかし症状が強い場合は、治療としてエストロゲンを服用する事によるホルモン補充療法が適用されます。ホルモン補充療法は足りなくなったエストロゲンを補充しますので、劇的に症状を緩和する事も多くあります反面、副作用があります。

ホルモン補充療法は、乳がんや子宮体癌にかかる確立が高くなるのではないかという統計と、肝障害、腎障害、血栓症、心臓の病気を引き起こす可能性が示唆されています。専門医と十分相談した上で使用する事が重要になります。

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴