日本医科大学健診医療センター

Top >  その他の女性器の病気 >  卵巣炎

卵巣炎

卵巣炎は子宮付属器炎と呼ばれる病気の一つの症状です。卵巣に炎症が起きた状態を言います。卵巣の炎症は通常は上行性で、膣からの感染が上方に上がってくる事がほとんどです。卵巣は卵管と同時に炎症を起こしていることが多く、臨床上は鑑別が難しいといわれています。

原因は感染が主ですが、ブドウ球菌、大腸菌、淋菌、結核菌、クラミジア、マイコプラズマなどが、近年多く見られます。不潔にしていると大腸菌が感染しますし、性行為による感染症も非常に多いです。

症状は、急性期は炎症が強く、発熱や腫れ、痛み、腹部の圧痛などが挙げられます。慢性期は腰痛や腹部痛が残ります。

治療は、急性期の場合は、痛みが強く炎症が強いため、抗菌剤、安静が必要になってきます。慢性期では、抗生物質、消炎鎮痛剤が処方されます。軽い場合は自覚症状がなく、ほっておくことがありますが、子宮外妊娠や不妊の原因になることもありますので、定期的にしっかりと検査をして、感染がみつかれば、早く治療をすることが重要です。

関連エントリー

婦人科検診を受ける卵巣無発育(ターナー症候群)卵巣精上皮腫(身分化胚細胞腫)卵巣上体嚢胞卵巣奇形腫卵巣嚢胞卵巣出血卵巣炎卵管炎卵巣嚢腫バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞外陰悪性黒色腫外陰がん外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)外陰炎膣炎乳がん卵巣がん


スポンサードリンク

更新履歴