日本医科大学健診医療センター

Top >  その他の女性器の病気 >  卵管炎

卵管炎

卵管炎は、膣や子宮を通って、卵管に細菌やウイルスなどが進入して炎症を起こした状態です。卵巣炎と併発することが多いです。炎症が進むと卵管が癒着を起こします。癒着は卵巣、子宮、骨盤腹膜、直腸、膀胱まで及び、骨盤腹膜炎になります。重症化するとダグラス窩に膿が溜まります。

原因は感染が多く、感染菌はクラミジア、大腸菌、淋菌、結核菌が多いとされています。外陰部を不潔にしておくと、膣から子宮頚管を通り子宮内膜から卵管へと大腸菌の感染は及んで行き、炎症を起こします。また、性行為による感染も非常に多く、クラミジアや淋菌は非常に多くみられます。最近のクラミジアの感染は非常に多く、社会現象にもなっています。

自覚症状は、炎症が起こりますので、痛み、腫れ、熱感、下腹部の圧痛があります。おりものの異常や分泌物が多くなります。慢性期には、症状は和らぎますが、腹部の違和感、腰痛等は残ります。ほっておくと不妊症や子宮外妊娠などの原因になるともされていますので注意が必要です。

治療は薬物療法です。炎症が強い場合は痛みも強いので、安静と抗菌剤の薬物療法が必要です。慢性期になると、抗生物質や消炎鎮痛剤の処方が主になります。

関連エントリー

婦人科検診を受ける卵巣無発育(ターナー症候群)卵巣精上皮腫(身分化胚細胞腫)卵巣上体嚢胞卵巣奇形腫卵巣嚢胞卵巣出血卵巣炎卵管炎卵巣嚢腫バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞外陰悪性黒色腫外陰がん外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)外陰炎膣炎乳がん卵巣がん


スポンサードリンク

更新履歴