日本医科大学健診医療センター

Top >  その他の女性器の病気 >  バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞

バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞

バルトリン腺は、膣の入り口の横にある左右1対の腺です。性的な興奮をすると、ここから乳白色もしくは透明な粘液が分泌されます。この粘液は性交時の潤滑に役立ちます。このバルトリン腺に炎症が起きるのがバルトリン腺炎です。

原因はほとんどが感染といわれています。感染の原因菌は、淋菌、大腸菌、グラム陰性球菌などが多いとされています。バルトリン腺炎にかかると、出口が簡単に塞がってしまいます。すると膿が溜まって、バルトリン腺膿瘍になってしまいます。

自覚症状は、片側の膣の入り口が球状に腫れあがり、赤み、圧痛、自発痛、熱感が出る事があります。

治療は、切開して膿を出します。さらに薬物療法で治療をします。通常、抗生物質の処方になります。

慢性的なバルトリン腺炎は、出口を慢性的にふさぐため、膿が常に溜まってしまいます。こうなるとバルトリン腺膿胞という状態になります。この場合は手術療法が必要になることもあります。

関連エントリー

婦人科検診を受ける卵巣無発育(ターナー症候群)卵巣精上皮腫(身分化胚細胞腫)卵巣上体嚢胞卵巣奇形腫卵巣嚢胞卵巣出血卵巣炎卵管炎卵巣嚢腫バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞外陰悪性黒色腫外陰がん外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)外陰炎膣炎乳がん卵巣がん


スポンサードリンク

更新履歴