日本医科大学健診医療センター

Top >  その他の女性器の病気 >  外陰炎

外陰炎

外陰炎は、外陰部に細菌、ウイルス、カビ類が繁殖をして炎症を起こします。

原因は、ほとんどが膣炎などのおりものから来るかゆみ、下着などによってむれる、エストロゲン量の低下、外陰部に対する感染です。

症状は、外陰部の腫れ、痛み、痒み、熱感が出てきて性交痛や歩行の違和感などです。ヘルペスウイルスの感染の場合、水泡が出来て触るだけでも痛くなります。

治療は薬物療法です。軟膏や内服薬が処方され、症状にあわせた薬が使用します。外陰炎は、感染が多くありますが、局部を不潔にしていたり、抵抗力がなくなっていたり、ストレスを抱えていたりすると、抵抗力がなくなり感染に負けてしまいます。

例え感染しても、身体全体の健康がしっかり保てている時は、決して治らないことはなく、治療を必要としない場合もあります。風邪と同じく、感染しても自然治癒する場合も多いのです。とはいえ、発症してしまった場合はしっかりと検査をして、原因に見合った治療を施す事が肝心です。

関連エントリー

婦人科検診を受ける卵巣無発育(ターナー症候群)卵巣精上皮腫(身分化胚細胞腫)卵巣上体嚢胞卵巣奇形腫卵巣嚢胞卵巣出血卵巣炎卵管炎卵巣嚢腫バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞外陰悪性黒色腫外陰がん外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)外陰炎膣炎乳がん卵巣がん


スポンサードリンク

更新履歴