日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  子宮膣部びらん

子宮膣部びらん

性的に成熟した女性の多くに見られる現象です。子宮頸部の上皮細胞が、子宮の入り口付近まで存在する状態です。エストロゲンの作用で子宮内膜が増殖して、内層が大きくなって膣側に向かってせり出してきていると考えられています。

小児や高齢者にはほとんどみられず、思春期に出現し、ほとんどの人に見られます。閉経後にはエストロゲンの量は減少して子宮頚管は元に戻り、びらんもなくなります。これを「偽びらん」と呼びます。

一方表面組織の上皮細胞がなくなってしまった状態を「真びらん」といいます。ほとんどは「偽びらん」のことが多く、異常ではありません。

症状は、おりものの増加や性交痛もしくは出血があります。治療は、ほとんど必要ありませんが、レーザー手術、冷凍手術、電気凝固法などがあります。

びらん出血があった場合は、子宮頚癌との鑑別が非常に重要です。早めに専門医に相談する事が重要になります。

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴