日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープは子宮体の内膜に発生するポリープです。エストロゲンの過剰状態によって、異常に子宮内膜が増殖した結果、ポリープが発生した状態です。40歳〜60歳位の方に多く、しばしば多発します。子宮内を埋めつくす様な大きなものや、子宮頚管を経て、膣の方に飛び出てくるものもあります。

自覚症状ははっきり出てこなことが多いですが、月経量が多くなる、不正出血があるなどが挙げられます。不正出血等の理由で専門医を受診し、ポリープが発見された場合は、子宮体癌との区別が重要で、組織検査をします。

治療は、頚管ポリープと同様で、切除をします。切除は完全な除去が施され、子宮体癌でないことを確認します。ここで子宮体癌の疑いがあれば、その他の治療が必要になってきます。

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴