日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  子宮頚管ポリープ

子宮頚管ポリープ

子宮頚管ポリープは、子宮頚管部に発生する粘膜性のポリープです。40歳くらいの方が多く、一つの場合と、数個が同時多発的に発生する場合もあります。大きさは米粒大から数センチの大きさまであります。形は球状、乳頭状のやわらかい腫瘤になることが多いです。

症状は、無症状のことも多く、知らずにいる事が多いですが、検診などで偶然発見される事が多いです。また、不正出血があり、性行為の後やトイレなどで少量の鮮血を見たりします。

治療は、必要に応じて手術して除去します。良性であれば、除去しないで経過観察も行われます。大切な事は、ここで子宮頚癌や子宮体癌の疑いがないかを、病理組織検査で調べる事です。子宮頚癌や子宮体癌が疑われる場合は、即、治療を開始して治さなければなりません。

子宮頚管ポリープは再現性が高く、一度除去してもまた顔を出す事が少なくありません。

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴