日本医科大学健診医療センター

Top >  ピル >  ピルを使わないほうがよい体質

ピルを使わないほうがよい体質

体調によってはピルを使うのを避けたほうがよい場合もあります。避妊が先か、命が先かの選択になります。当然健康を優先し、その上で可能であれば、ピルを使えばよいのです。

血圧が高い人、心臓の持病がある人は、ピルの使用は専門医に相談するべきです。また他に病気を持っていて、薬を使用している場合は特に注意を要し、専門医に相談するか、ピルの服用は避け、他の避妊法を利用することをおすすめいたします。IUDは効果も高く、ピルほど薬を飲む手間もない為、お勧めです。

また滅多にありませんが、ピルを服用する事によって、心臓の異常や胸痛、頭痛、腹痛、意識障害などの予測不可能な副作用が起こったり、他の病気が出てきたりする事があれば、即、服用は中止して、専門医に相談する事が重要です。

関連エントリー

中・高用量ピル低用量ピルピルを使わないほうがよい体質多毛症大人のニキビ(にきび)月経困難症、月経痛(生理痛)ピルにも利点と欠点があるのだマイルーラ


スポンサードリンク

更新履歴