日本医科大学健診医療センター

Top >  その他の女性器の病気 >  乳がん

乳がん

乳がんは、乳頭部や乳腺に起きる悪性腫瘍です。

原因は、遺伝的な要素が強く、40歳〜50歳代の方に多く発生します。また、出産経験がない人や、脂肪摂取が多い人などに多く発生するという事がわかっています。通常は片側で起こることが多く、女性だけでなく、男性にも発生する癌です。

乳がんは周辺組織に転移して、皮膚、胸筋、リンパにいきます。そして、全身に転移していく事が多く、骨に転移する事が多いのも乳がんの特徴です。

自覚症状は乳房のしこりや分泌物です。痛みを伴うことも多く、専門医に相談する事が重要です。最近はマンモグラフィー等の優れた検査技術が発展して早期発見に役立っています。

治療は、手術療法、放射線療法、内分泌療法、化学療法が用いられ、症状によって選択します。

関連エントリー

婦人科検診を受ける卵巣無発育(ターナー症候群)卵巣精上皮腫(身分化胚細胞腫)卵巣上体嚢胞卵巣奇形腫卵巣嚢胞卵巣出血卵巣炎卵管炎卵巣嚢腫バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞外陰悪性黒色腫外陰がん外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)外陰炎膣炎乳がん卵巣がん


スポンサードリンク

更新履歴