日本医科大学健診医療センター

Top >  その他の女性器の病気 >  卵巣がん

卵巣がん

卵巣に起きる癌が卵巣癌です。卵巣には良性の腫瘍、悪性の腫瘍も起きます。腫瘍全体の10%くらいが卵巣癌になります。

最も多い卵巣がんは上皮性卵巣がんと呼ばれるもので、卵巣がん全体の90%を占め、中年以降の人に多く見られます。原因ははっきりとわかっていませんが、統計的に出産経験のない女性に多いことがわかっています。

自覚症状は現れにくく、静かに進行する事が多く、なかなか発見されません。進行は早く、気がついた時には、他の臓器に転移している事も多く、早期発見が重要になります。早期発見に重要な検査は、内診と超音波検査での卵巣の腫れです。

治療は、手術療法と化学療法が主です。症状にあわせて選択しますが、併用する事が多いです。卵巣がんは、忍び寄る悪魔などと例えられています。自覚症状がないうちに進行し、進行速度は速く、気がついた時は、既に他の臓器に転移しているといった報告がなされているからです。予後は早期発見できたかどうかがカギを握ります。

関連エントリー

婦人科検診を受ける卵巣無発育(ターナー症候群)卵巣精上皮腫(身分化胚細胞腫)卵巣上体嚢胞卵巣奇形腫卵巣嚢胞卵巣出血卵巣炎卵管炎卵巣嚢腫バルトリン腺炎、バルトリン腺膿胞外陰悪性黒色腫外陰がん外陰掻痒症(がいいんそうようしょう)外陰炎膣炎乳がん卵巣がん


スポンサードリンク

更新履歴