日本医科大学健診医療センター

Top >  子宮の病気 >  子宮体がん

子宮体がん

子宮体癌は、子宮内膜に出来る癌です。子宮癌の約35%がこのタイプの癌です。

閉経近くなったり、卵巣の働きが悪くなってくると、正常な排卵が起きません。すると黄体から分泌され、内膜細胞を抑える働きをするプロゲステロンの分泌がされなくなります。月経もきちんと来なくなります。するとエストロゲンは子宮内膜を増殖し続けます。これは、子宮内膜増殖症という病気です。閉経と共に子宮内膜増殖症はなくなることが多いですが、時に、これが子宮内膜異型増殖症という状態に移行します。この子宮内膜異型増殖症は子宮体癌に進行する事がとても多くあります。

症状は不正出血、子宮内膜増殖症、生理不順、腹痛、おりものの異常、等があります。

治療は、手術療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などがあります。治療方法は病気の状態によって選択します。予後はよく、早期に発見する事が重要になります。特に子宮内膜増殖症の患者さんと、閉経後に不正出血があった場合は、子宮体癌の主な症状となりますので、早めに専門医に相談する事が大切です。

関連エントリー

子宮復古不全アッシャーマン症候群子宮留膿症子宮留血症子宮無形成子宮傍結合組織炎(骨盤結合組織炎)子宮発育不全症子宮内反症子宮内外同時妊娠子宮断端がん子宮性無月経子宮弛緩症子宮後転子宮後傾症子宮後屈症子宮無形成子宮頸部強靭症子宮頚管裂傷子宮頚管無力症子宮頚管妊娠子宮頚管狭窄症(閉鎖症)子宮頚管炎子宮腔癒着症子宮筋層炎子宮下垂、子宮脱胞状奇胎子宮外妊娠流産と子宮の病気子宮肉腫機能性不正出血子宮腺筋症閉経と更年期障害子宮膣部びらん子宮内膜ポリープ子宮頚管ポリープ子宮体がん子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫


スポンサードリンク

更新履歴