日本医科大学健診医療センター

Top >  ピル >  大人のニキビ(にきび)

大人のニキビ(にきび)

ニキビは毛孔に一致する位置での慢性炎症性変化を言った症状です。思春期頃から発症する事が多く、赤い丘疹、硬結、脳腫、瘢痕組織が入り混じって、脂漏が伴う事が多いです。

原因として挙げられるのは、アンドロゲン(睾丸間質細胞によって作られる男性ホルモンで、2次性徴を誘発するホルモンです。性腺刺激ホルモンの分泌を抑制します。)による皮脂の分泌過剰。毛穴の狭窄皮脂が出られなくなってしまう。常在菌の繁殖による炎症。そのほかに、遺伝、年齢、機械的な刺激(毛髪など)、化粧品、ストレス、食事等が複雑に絡んで発症します。

思春期の子供に限らず、成人女性のニキビが、ホルモンの影響で出てくる事が多くあります。また、経口避妊薬を服用する事によって、皮脂の分泌が影響を受け、大人でもニキビが出たり消えたりが多くあります。

関連エントリー

中・高用量ピル低用量ピルピルを使わないほうがよい体質多毛症大人のニキビ(にきび)月経困難症、月経痛(生理痛)ピルにも利点と欠点があるのだマイルーラ


スポンサードリンク

更新履歴