日本医科大学健診医療センター

Top >  ピル >  月経困難症、月経痛(生理痛)

月経困難症、月経痛(生理痛)

人によって月経に伴う苦痛はそれぞれのようです。下腹部痛、腰痛を初めとして、頭痛、眠気、肩こり、背部痛、不安感等の精神的な症状、やる気が出ないなどの鬱症状などがあります。月経時にみられ、月経の終了と共に、その不快感も消えていくといった症状です。また、これらがひどくなり、日常生活に支障をきたすようになってくると治療を必要となってきます。

月経困難症は、原発性月経困難症と続発性月経困難症に分類され、原発性の場合は器質的な疾患は認められません。若年層に多く20歳代の患者が多いです。子宮発育不全、内分泌失調、自律神経失調症、精神的なものが原因とされています。

続発性では器質的な疾患が原因とされ、子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤異常から生じた子宮の位置的問題(子宮後屈や捻転)等が挙げられます。

治療は原発性の場合は、原因がはっきりしませんので、対症療法になります。鎮痛剤や抗鬱剤等です。続発性の場合は、原因の究明と共に、その症状にあった治療がなされます。結果として月経痛の軽減が期待されます。

関連エントリー

中・高用量ピル低用量ピルピルを使わないほうがよい体質多毛症大人のニキビ(にきび)月経困難症、月経痛(生理痛)ピルにも利点と欠点があるのだマイルーラ


スポンサードリンク

更新履歴