日本医科大学健診医療センター

Top >  性ホルモン(女性ホルモン) >  LH(黄体形成ホルモン)

LH(黄体形成ホルモン)

脳下垂体(脳の中央下部にぶら下がった状態で位置し、全てのホルモンを統括しています。頭蓋骨の蝶形骨という骨に位置します。)から放出されるホルモンで、卵報刺激ホルモンの作用で成熟した卵細胞を排卵に導く作用をします。

2つのゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)の一つで糖タンパクホルモンです。視床下部のゴナドトロピン放出ホルモンによって下垂体より分泌されて、女性では卵胞を発育させ、排卵を促し、黄体の形成をします。

男性では精巣のライディッヒ細胞(睾丸の間質ある細胞で、この細胞のホルモン分泌は下垂体の黄体形成ホルモンの支配を受けています。ライディッヒ細胞腫は子供では男性化、成人では女性化をきたす病気になります。)に作用して、テストステロン(睾丸で作られる男性ホルモンの一つで、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制します)の分泌を促進します。

関連エントリー

性腺刺激ホルモンLH(黄体形成ホルモン)FSH(卵胞刺激ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲストーゲン


スポンサードリンク

更新履歴