日本医科大学健診医療センター

Top >  性ホルモン(女性ホルモン) >  FSH(卵胞刺激ホルモン)

FSH(卵胞刺激ホルモン)

卵胞刺激ホルモンは名前の通りで、卵巣内の原始卵胞に刺激を与えて、卵胞の成熟を促すホルモンです。

脳下垂体の前葉よりゴナドトロピン放出因子の作用で分泌され、原始卵胞を成熟させて、卵巣より出てくるエストロゲンの分泌を促します。

エストロゲンの増加は視床下部の脳下垂体に逆に働きかけ、ゴナドトロピン放出因子の増加作用で卵胞刺激ホルモンは激増し成熟卵胞は排卵される。

男性においては、精巣のセルトリ細胞(精巣の精細管を構成する細胞です)に作用して、テステステロン(睾丸で作られる男性ホルモンの一つで、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制します)と共に精子形成を促進します。

関連エントリー

性腺刺激ホルモンLH(黄体形成ホルモン)FSH(卵胞刺激ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲストーゲン


スポンサードリンク

更新履歴