日本医科大学健診医療センター

Top >  性ホルモン(女性ホルモン) >  プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは、妊娠していない女性においては、黄体より分泌されるホルモンで、黄体ホルモンとも呼ばれています。妊娠の成立や維持に働くステロイドホルモンです。妊娠時の胎盤絨毛、副腎皮質、睾丸からも分泌されます。

プロゲステロンは『妊娠を成立させるホルモン』といわれ、主に子宮内膜や子宮筋に作用します。妊娠時には、子宮内膜を脱落膜へ変化させると同時に子宮筋の緊張を抑制して、妊娠の維持を図るように働きます。増殖期子宮内膜を分泌期へと変化させ、着床の準備を整えます。また、妊娠時のおっぱいの発育や出産に向けての全身の変化にも、プロゲステロンが関与しています。

プロゲステロンは、経口投与した場合、肝臓で不活性化されて、その効果は激減します。経口投与用に同様の生物学的作用を持った化学物質が多数開発され、人工的な黄体ホルモンが、経口投与用に病院で利用されています。これはプロゲストーゲンと呼ばれています。異常月経や月経周期の調節等の婦人科の病気の治療薬に利用されています。ホルモンの量が少ないものは低用量ピルとして、経口避妊薬の主成分になります。

関連エントリー

性腺刺激ホルモンLH(黄体形成ホルモン)FSH(卵胞刺激ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲストーゲン


スポンサードリンク

更新履歴