日本医科大学健診医療センター

Top >  性ホルモン(女性ホルモン) >  プロゲストーゲン

プロゲストーゲン

プロゲストーゲンは、プロゲステロン(黄体ホルモン)及びそれと同じ作用を持った物質の総称です。簡単には、人工的に合成したプロゲステロンです。プロゲスチンとも呼びます。

プロゲステロンは天然のホルモンで、卵巣黄体、副腎皮質、精巣、胎盤などから分泌します。プロゲストーゲンは、17αーOHプロゲステロン誘導体、テストステロン誘導体、エストレノール誘導体、19−ノルプロゲステロン誘導体、レトロプロゲステロン誘導体などの薬理作用が異なる合成化合物で多くの種類があります。

プロゲストーゲンは、その種類によって子宮内膜や体温に対する作用が異なります。また、プロゲステロンは肝で不活性化されるので、経口投与は無効であるのに対してプロゲストーゲンは経口投与が可能であり、経口避妊薬の主成分となっています。

病院では、月経異常や卵巣機能不全の治療薬、または避妊薬として利用されています。プロゲストーゲンはプロゲステロンの人工的な合成化合物です。それゆえ、大量に作り出すことが可能で、薬の大量生産をも可能にしています。

関連エントリー

性腺刺激ホルモンLH(黄体形成ホルモン)FSH(卵胞刺激ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲストーゲン


スポンサードリンク

更新履歴