日本医科大学健診医療センター

Top >  緊急避妊法 >  ピルを利用する緊急避妊法

ピルを利用する緊急避妊法

ピルを利用する緊急避妊法ですが、モーニングアフターピルと呼ばれています。性交後72時間以内にピル(中用量ピル)を飲んで、さらに12時間後にもう2錠飲む方法です。

一度に大量のプロゲストーゲンやエストロゲンを投与する事で、排卵を抑えることが出来ます。排卵されなければ受精する事はありませんので、避妊することが可能です。

また、排卵後の場合は、大量のホルモンによって子宮内膜の発育を妨げたり、黄体が働かなくなることによって、妊娠が継続できなくなり、妊娠が成立しなくなるという作用があります。

この方法で、避妊に失敗した場合や事故の場合でも、75%程度の望まない妊娠を防止する事が出来るといわれています。仮に妊娠した場合も胎児への影響はないといわれています。ただし、1度に沢山の量のプロゲストトーゲン、エストロゲンの服用をするため、吐き気や嘔吐や身体のむくみや頭痛等の副作用は、個人差がありますが、起こり得ます。

避妊の失敗に心当たりがある場合は、自分で考ええても解決しません。専門家に早く相談しましょう。時間が経ってからだと効果はありません。射精後72時間がタイムリミットです。念のために。

関連エントリー

妊娠判定薬IUDを利用する緊急避妊法ピルを利用する緊急避妊法


スポンサードリンク

更新履歴