かしこい避妊と子宮・卵巣の病気との関係

このサイトでは、避妊についての知識を書いています。避妊具、基礎体温、ピルについての説明をし、さらに、避妊をしっかりと考え、実行する事で、STD(性感染症)を予防する事も書いています。

そして、STDを知ることによって、感染と婦人科疾患との関わりがわかるようになって、子宮や卵巣の病気、他の婦人科疾患に関しての知識も深まります。結果として、病気の早期発見、早期治療が出来るようになります。

しっかりとした避妊の知識は、避妊と病気との関係も理解して、将来の健康を左右することになるでしょう。(←これとっても大事です。)

縁ある方々のご健康をお祈りいたします。

« 2006年08月 | Top2007年01月 »

新着情報【2006年09月】

病気の症状に関する用語集 病気の症状に関する用語集は、症状別に病気をわかりやすく...

ヨガダイエット特集〜ホットヨガから始めよう〜 ヨガについての基礎知識とホットヨガ...

ヒアルロン酸の基礎知識 ヒアルロン酸で、アンチエイジングを目的とする情報サイトで...

大阪住之江カイロプラクティック 完全無痛のカイロプラクティック院。体の歪み、自律...

愛知金山カイロプラクティック(整体・気功) 名古屋市にある完全無痛のカイロプラク...

米沢牛専門店 霜降屋 最高ランクの米沢牛を扱う専門店です。 葬儀・葬式・密葬の佐...

始めてこのサイトをごらんの皆様始めまして。 お気に入りでいらした皆様こんにちは。...

子宮が原因で無月経や不妊症になってしまう病気の一つです。これをアッシャーマン症候...

染色体の異常が原因で起きた性腺形成不全、低身長、各種の身体的な奇形をともなう病気...

卵巣の原始胚細胞の異常な細胞分裂が原因となる悪性腫瘍です。20〜30歳代の患者が...

卵巣と卵管の間の卵管間膜内に出来る嚢胞です。卵巣上体(胎生期の中腎管の上端部の遺...

卵巣奇形腫は、外胚葉・中胚葉・内胚葉に由来する異常繁殖した組織成分が原因の卵巣腫...

子宮腔内貯留物(子宮留水症、子宮留血症)が感染した結果生じた疾患を言います。 原...

子宮腔内に血液が溜まってしまった状態を言います。血液の状態は、通常は無菌で、赤褐...

子宮欠損症と呼ばれ、先天的に子宮が認められない症状を言います。多くの場合は子宮が...

子宮頸部が骨盤内にしっかりとどまるべく、周囲の骨盤壁に結びつける靭帯などの軟部組...

発育障害のある子宮は、大人になっても胎児の子宮や小児の子宮の形態のままです。 原...

子宮底が陥没もしくは下垂反転して、裏表逆になってしまった状態です。つまり、子宮内...

子宮内外同時妊娠は、文字通り、多胎妊娠において、子宮の内部と外部に受精卵が着床し...

子宮断端癌の断端とは、膣上部切断する手術を受けた後に、残った子宮頸部のことで、残...

無月経で、その原因が子宮内膜にあるものを言います。 原因は、結核性子宮内膜炎(子...

子宮弛緩症は、子宮収縮能力の低下による後産時の出血のことをいいます。 出産時に胎...

子宮後転症は、子宮膣部は正常な位置にありますが、子宮体部が膀胱の状態や直腸の状態...

子宮後軽症は、子宮膣部は正常な位置にありますが、子宮体が仙骨側(お尻の方)に傾い...

子宮の位置の異常で、子宮膣部は正常な位置にありますが、子宮体が、ダグラス窩の方に...

子宮無形成は、先天性の異常で、子宮が先天的に認められないことをいます。多くの場合...

子宮頸部強靭症は、子宮頚管が強靭で硬い状態、もしくは、子宮腔の狭窄、外陰部の狭窄...

分娩時の子宮頚管の損傷を言います。原因は、子宮頸部の柔軟性が欠けて、分娩時に過剰...

子宮頚管無力症は、妊娠中期に子宮頚管が開いてしまい、妊娠を持続できなくなってしま...

子宮頚管妊娠は子宮頚管内での受精卵の着床を言います。妊娠は、成熟期まで継続されが...

子宮頚管が文字通り閉鎖及び狭窄してしまった状態をいいます。子宮頚管狭窄症(閉鎖症...

子宮頚管炎は、子宮頚管や子宮膣部の急性及び慢性の炎症を言います。 急性炎症の原因...

子宮腔癒着症は、子宮に問題を起こして、子宮内壁画上と下で癒着を起こしてしまった状...

子宮内膜炎が子宮筋層に及んだ状態です。原因は産褥感染によるものがほとんどです。(...

様々な要因で、子宮が膣内に下降してしまった状態を子宮下垂といいます。また、膣の外...

卵巣が大きくなる病気は、大きく分けると卵巣膿胞と真性腫瘍に分けられますが、卵巣嚢...

卵巣からの出血で、血液が腹腔内に広がってしまいます。出血は黄体血腫から起こること...

絨毛性(受精卵の胚葉の異常な細胞分裂によって起きる疾患)の一つです。 原因は、絨...

子宮外妊娠は、受精卵が子宮以外の部分(卵巣や卵管など)に着床してそのまま細胞分裂...

流産は、妊娠24週未満の分娩をいいます。人工流産と自然流産に分かれ、人工流産は日...

子宮の筋肉に出来る腫瘍のうちで、良性のものを子宮筋腫といい、悪性のものを子宮肉腫...

子宮体内膜からの出血で、月経、妊娠、腫瘍、外傷を除いたものをいいます。この症状は...

子宮内膜症の症状が子宮筋層の中に生じた状態です。内性子宮内膜症と同じ意味です。内...

閉経と共にエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が悪くなります。卵巣の摘出手術を行っ...

卵巣炎は子宮付属器炎と呼ばれる病気の一つの症状です。卵巣に炎症が起きた状態を言い...

卵管炎は、膣や子宮を通って、卵管に細菌やウイルスなどが進入して炎症を起こした状態...

卵巣嚢腫は、腫瘍細胞が分泌した液体が溜まって卵巣が大きくなった状態を言います。卵...

バルトリン腺は、膣の入り口の横にある左右1対の腺です。性的な興奮をすると、ここか...

人体の20億を超えるメラニン色素のどれかに癌化が起こるときわめて増殖力、破壊力の...

外陰に発生する癌です。基底細胞癌、扁平上皮癌、腺癌に分類できます。このうちほとん...

外陰部のかゆみですが、原因が見当たらない場合はこの病名がつきます。色々な局所的ま...

外陰炎は、外陰部に細菌、ウイルス、カビ類が繁殖をして炎症を起こします。 原因は、...

膣炎は、膣内で菌やウイルスが繁殖した状態です。炎症を起こし、血管は腫れあがり、時...

性的に成熟した女性の多くに見られる現象です。子宮頸部の上皮細胞が、子宮の入り口付...

子宮内膜ポリープは子宮体の内膜に発生するポリープです。エストロゲンの過剰状態によ...

子宮頚管ポリープは、子宮頚管部に発生する粘膜性のポリープです。40歳くらいの方が...

体調によってはピルを使うのを避けたほうがよい場合もあります。避妊が先か、命が先か...

乳がんは、乳頭部や乳腺に起きる悪性腫瘍です。 原因は、遺伝的な要素が強く、40歳...

卵巣に起きる癌が卵巣癌です。卵巣には良性の腫瘍、悪性の腫瘍も起きます。腫瘍全体の...

子宮体癌は、子宮内膜に出来る癌です。子宮癌の約35%がこのタイプの癌です。 閉経...

子宮がんの約65%は子宮頚がんです。子宮頚の表面は上皮細胞という細胞に覆われてい...

子宮のいちばん内側にあるのが子宮内膜です。ホルモンによって子宮内膜は妊娠に備えま...

子宮は筋肉で出来ていますが、この筋肉のどこかに良性の腫瘍が出来る事を子宮筋腫とい...

体毛が過剰になる状態を多毛といいますが、毛包(毛根を取り囲む組織のこと)が増える...

ニキビは毛孔に一致する位置での慢性炎症性変化を言った症状です。思春期頃から発症す...

人によって月経に伴う苦痛はそれぞれのようです。下腹部痛、腰痛を初めとして、頭痛、...

ピルを利用する人が大分多くなってきました。ピルにも良い所、悪い所があります。 薬...

妊娠判定薬は妊娠初期に尿中に分泌される性腺刺激ホルモンの値を調べて妊娠の有無を検...

脳下垂体(脳の中央下部にぶら下がった状態で位置し、全てのホルモンを統括しています...

脳下垂体(脳の中央下部にぶら下がった状態で位置し、全てのホルモンを統括しています...

卵胞刺激ホルモンは名前の通りで、卵巣内の原始卵胞に刺激を与えて、卵胞の成熟を促す...

プロゲステロンは、妊娠していない女性においては、黄体より分泌されるホルモンで、黄...

エストロゲンは、雌性動物の発情現象を誘発する女性ホルモンで、卵胞及び黄体から分泌...

プロゲストーゲンは、プロゲステロン(黄体ホルモン)及びそれと同じ作用を持った物質...

IUDを利用して緊急避妊を行います。原理としては、IUDの特性を生かして受精卵の...

ピルを利用する緊急避妊法ですが、モーニングアフターピルと呼ばれています。性交後7...

IUDは子宮内避妊器具の訳語です。日本でも普通にIUDと呼ばれています。子宮腔内...

我々は生活上、もしくはライフスタイル上、避妊をします。経済的な理由や国の違いやな...


スポンサードリンク

更新履歴