日本医科大学健診医療センター

Top >  ホルモン避妊法 >  ミニピル

ミニピル

ミニピルは、エストロゲン(卵胞ホルモンの事で、原始卵胞を成長させている間の卵胞から分泌されるホルモンで、成熟卵胞を刺激して、排卵を促す作用がある。)を含まない経口避妊薬です。

エストロゲンは、母乳の量を減らしてしまうという作用がありますが、ミニピルはエストロゲンを含まず、プロゲストーゲン(黄体ホルモン様の作用を持つ合成されたホルモン)のみの配合になります。このため、母乳の量を増やす事ができます。授乳中の女性の避妊に適しています。

混合型のピルに比べて、効果は多少劣りますが、コンドームやペッサリーなどの避妊方法と比べると避妊効果は高い方だといえます。

関連エントリー

ミニピル皮下埋没法(ノルプラント)ホルモン注射法による避妊法


スポンサードリンク

更新履歴