日本医科大学健診医療センター

Top >  STD(性感染症) >  軟性下疳(なんせいかかん)

軟性下疳(なんせいかかん)

軟性下疳(なんせいかかん)の原因は、軟性下疳菌(ディクレイ菌)の感染によっておこります。

症状は、性行為によって感染すると、2〜3日後に感染部位に小豆大の小丘疹ができます。これが、やがて膿庖となり、これが破れると潰瘍に発展します。潰瘍は円形もしくは楕円形で周りは鋸歯状になり、やわらかく、赤みを帯びています。痛みが強く、圧痛もあります。女性では、大小陰唇、膣口、尿道口の多く感染し、男性は、繁帯、亀頭、冠状溝に多く感染します。初めはソケイ部のリンパが腫れます。そのうち全身のリンパ節が侵されて、腺周囲炎を起こします。さらに膿が出てきます。

治療は薬物療法です。2〜3週間の服用で治癒します。

また、通常は薬物治療にて治癒しますが、菌が完全に消えずに残る事もあります。自覚症状はないために病気自体は治っているのですが、体調が変化してしまったり、婦人科疾患に罹ってしまったり、不妊症になってしまったりとい事も少なからずあるようです。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!

関連エントリー

軟性下疳(なんせいかかん)淋病梅毒トリコモナス(トリコモナス膣炎)鼠径リンパ肉芽腫尖圭コンジローム性器ヘルペス性器クラミジア毛じらみ疥癬(かいせん)カンジタ菌(カンジタ膣炎)エイズ


スポンサードリンク

更新履歴