日本医科大学健診医療センター

Top >  ホルモン避妊法 >  皮下埋没法(ノルプラント)

皮下埋没法(ノルプラント)

プロゲストーゲン(黄体ホルモンのような作用を持った合成のホルモン)が入ったカプセルを身体に埋めもみます。このカプセルからは、プロゲステロン(黄体、胎盤、副腎皮質、精巣から分泌される性ステロイドホルモン)が絶えず滲み出てきます。これによって排卵を抑制します。

低用量ピルは口から入れますし、筋肉注射は直接体内に注入しますし、それぞれ形は違いますが、原理は全て一緒です。排卵が起きなければ、たとえ精子が進入してきても受精することはありませんものね。

この中でも、このノルプラント(皮下埋没法)は避妊効果が高く、ほぼ完璧な避妊が可能といわれています。一度体内に装着したら、5年間は効果が持続します。通常は腕の皮下に埋め込みますので、身体に何も入れたくないような人はこの避妊方法はおすすめしません。

関連エントリー

ミニピル皮下埋没法(ノルプラント)ホルモン注射法による避妊法


スポンサードリンク

更新履歴