日本医科大学健診医療センター

Top >  STD(性感染症) >  梅毒

梅毒

梅毒は細菌感染です。細菌の正体は、トレポネーバパリダという細菌にです。潜伏期間は約3週間あります。感染は1期から4期まで区分されています。早期に治療を開始した場合は治りますが、治療が遅れると、全身に感染が及び、治りが悪くなります。感染はほとんどが性行為だといわれ、自覚症状があまりないまま進行していくことが多く、大流行した性病の一つです。

症状は、まず外性器に大豆くらいの大きさのしこりができます。しこりは痛みがなく、そのうちに消えてしまいます。男性では陰茎や包皮の部分にできやすく、女性では大陰唇や小陰唇や膣の入り口付近のできることが多いです。

治療は、上記症状の早期の段階で十分な抗生物質の服用をする事で完治すると考えられています。女性の場合、梅毒の感染を知らずに妊娠すると、胎児に感染して流産したり、先天梅毒と呼ばれる症状で子供が生まれることがあるので、早期発見、早期治療が重要な要素になります。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!

関連エントリー

軟性下疳(なんせいかかん)淋病梅毒トリコモナス(トリコモナス膣炎)鼠径リンパ肉芽腫尖圭コンジローム性器ヘルペス性器クラミジア毛じらみ疥癬(かいせん)カンジタ菌(カンジタ膣炎)エイズ


スポンサードリンク

更新履歴