日本医科大学健診医療センター

Top >  STD(性感染症) >  トリコモナス(トリコモナス膣炎)

トリコモナス(トリコモナス膣炎)

トリコモナス(トリコモナス膣炎)はトリコモナス原虫の感染です。カンジタ菌と同様で、性交渉による感染が多いですが、温泉やタオルの使いまわしなどの日常生活でもうつります。

症状は、女性の場合は、緑黄色のおりものが増えて、幹部に痒みが出てきます。また、外陰部に軽く炎症を起こし、性交痛を感じる事があります。男性の場合、尿道炎を起こすことがありますが、ほとんど自覚症状がないため、気がつかないでいることも多く、パートナーの女性が治療しても、また感染するということが多くあります。

治療は、女性の感染が認められたなら、パートナーの男性も同時に治療を開始する事が必要です。治療は薬物療法が用いられます。


【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!

関連エントリー

軟性下疳(なんせいかかん)淋病梅毒トリコモナス(トリコモナス膣炎)鼠径リンパ肉芽腫尖圭コンジローム性器ヘルペス性器クラミジア毛じらみ疥癬(かいせん)カンジタ菌(カンジタ膣炎)エイズ


スポンサードリンク

更新履歴