日本医科大学健診医療センター

Top >  STD(性感染症) >  尖圭コンジローム

尖圭コンジローム

尖圭コンジロームは、ヒトパピローマウイルスの感染が原因で起こります。

症状は、感染後、2〜3ヶ月経過した後に外陰部、肛門、会陰部、膣、子宮に米粒大から親指の先くらいの大きさの「いぼ」ができます。感染後2〜3ヵ月後に症状が出るので、動揺をしてしまう人が多く、どうしてよいかわからなくなってしまう人が多いようです。「いぼ」には痛みや痒みがないので、ほっておく人が大変多く、カリフラワー状に増殖をしてしまうケースも多くあります。

治療は、早めに開始して局部に軟膏を塗ることで回復するようですが、症状が悪化してからだと、治療にも時間がかかり、手術によって切除しなければならなくなってしまうケースも多くあります。治療方法は、患部を焼いたり、凍結して除去したり、メスで切り取る方法が一般的です。また、大体のケースにおいて、パートナーにも感染が認められ、一緒に治療を開始することが望ましいです。

関連エントリー

軟性下疳(なんせいかかん)淋病梅毒トリコモナス(トリコモナス膣炎)鼠径リンパ肉芽腫尖圭コンジローム性器ヘルペス性器クラミジア毛じらみ疥癬(かいせん)カンジタ菌(カンジタ膣炎)エイズ


スポンサードリンク

更新履歴