日本医科大学健診医療センター

Top >  STD(性感染症) >  エイズ

エイズ

HIV感染症といわれます。HIVウイルスの感染で起こり、数年〜10年の長い潜伏期間を経た後にエイズ(後天性免疫不全症)を発症します。

ご存知の通り、エイズの発症は、身体の免疫機能が極端に低下するため、様々な感染症に罹ってしまいます。症状を改善させる方法は確立されてきていますが、免疫機能を取り戻す根本的な治療方法はありません。

性行為で感染することが多く、血液感染をします。厄介な事に、自覚症状はなく潜伏期間を経た後に、免疫機能の異常が出てきます。発症は、リンパ節の腫れ、発熱、下痢を起こし、体重減少が現れ、カリニ肺炎やカポジ肉腫と呼ばれる症状が出てきて、全身が衰弱していきます。

日本でもエイズは増えつつあり、欧米程ではありませんが、どんどんと、その患者数は増えているようです。マスコミの報道が少なくなってきたここ数年は、特に知識の乏しい我々日本人は気をつけなければなりません。

エイズウイルスの感染力は非常に弱い為、日常的な生活の中で感染することはないと言われています。ただし、血液感染をしやすく、注射器などの乱用や無防備な性行為(コンドームを使用していない)での感染は、非常に確率が高くなります。血液の付きやすい日用品(カミソリ、電気カミソリ、歯ブラシ、クシなど)は、自分の物を使用するように心がける必要があります。基本的な注意事項ですが、感染を防ぐために是非心しておきたいものです。

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!

関連エントリー

軟性下疳(なんせいかかん)淋病梅毒トリコモナス(トリコモナス膣炎)鼠径リンパ肉芽腫尖圭コンジローム性器ヘルペス性器クラミジア毛じらみ疥癬(かいせん)カンジタ菌(カンジタ膣炎)エイズ


スポンサードリンク

更新履歴