日本医科大学健診医療センター

Top >  性ホルモン(女性ホルモン)

性ホルモン(女性ホルモン)

女性ホルモンは、現在色々な病気の治療や避妊薬で使われている主要な成分です。

特に経口避妊薬では、低用量ピルとして、多くの方が利用し、上手にバースコントロールをしています。避妊効果は高く、ほぼ完全と言ってもいい程です。その反面、副作用や乳がん等の心配が示唆されているのも事実です。

中・高用量ピルは、主に婦人科疾患に利用され、子宮内膜症や月経困難症を初めとした病気の治療に使われています。

また閉経後の更年期障害でホルモン補充療法としても利用され、これも非常に効果が高く、これらの薬としては非常に重宝されています。

女性ホルモンの分泌を統括しているのは、下垂体から出る下垂体ホルモンです。 脳の視床下部というところにありますが、精神的な不安やストレスで、ホルモンバランスが崩れ、月経異常が出てきたりするのも、この理由からです。

性ホルモン(女性ホルモン)一覧

性腺刺激ホルモン

脳下垂体(脳の中央下部にぶら下がった状態で位置し、全てのホルモンを統括しています...

LH(黄体形成ホルモン)

脳下垂体(脳の中央下部にぶら下がった状態で位置し、全てのホルモンを統括しています...

FSH(卵胞刺激ホルモン)

卵胞刺激ホルモンは名前の通りで、卵巣内の原始卵胞に刺激を与えて、卵胞の成熟を促す...

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは、妊娠していない女性においては、黄体より分泌されるホルモンで、黄...

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、雌性動物の発情現象を誘発する女性ホルモンで、卵胞及び黄体から分泌...

プロゲストーゲン

プロゲストーゲンは、プロゲステロン(黄体ホルモン)及びそれと同じ作用を持った物質...


スポンサードリンク