日本医科大学健診医療センター

Top >  人工妊娠中絶

人工妊娠中絶

残念なことですが、望まない妊娠も、時にはあります。妊娠してしまった場合は、最終的な手段として、人工妊娠中絶の選択があります。人工妊娠手術には妊娠12週未満までで施される方法と12〜22週未満で施される方法があります。優生保護法による人工妊娠中絶の適用としては

本人または配偶者が遺伝的疾患にかかっている場合

本人または配偶者の4親等以内の血族が遺伝的疾患を有する場合

妊娠の継続または分娩が、身体的または経済的理由により母体の健康を著しく害する恐れのある場合

暴行または脅迫により妊娠した場合

実施に対しては、本人、配偶者の同意書が必要です。また、優生保護法にのっとるため、優生保護法指定医は、毎月都道府県知事に実施報告書を提出する義務があります。

人工妊娠中絶一覧

人工流産

人工妊娠中絶において、妊娠12週を過ぎると胎児や胎盤は大きくなります。大きくなる...

掻爬手術と吸引法

人工妊娠中絶のうちで妊娠12週未満の時の手術の方法は、掻爬手術と吸引法があります...


スポンサードリンク

更新履歴