日本医科大学健診医療センター

Top >  緊急避妊法

緊急避妊法

緊急避妊法とは、文字通りで、緊急に避妊を行うことです。

例えば性行為の途中でコンドームが破れてしまったり、男性が避妊してくれなかったり、強制的な性行為であったりした場合、緊急的に妊娠を抑制する事が出来ます。これを緊急避妊法と言います。

出来れば緊急での避妊は避けたいところですが、犯罪の横行、男性による暴力、知識不足(女性も男性も)からくる事故が原因ですから、仕方がありません。

コンドームの使用が一般的になっている日本では、ほぼ100%に近い避妊が出来ると考えられがちですが、低用量ピルやIUDなどと比べると、相当高い確率で避妊に失敗します。特に、子供を産み育てる事が困難な社会的立場の人や、経済的に無理がある方にとっては、人生設計が大幅に変えざるを得なくなります。普段からしっかりとした避妊を心がけたいものです。

また、やむなく暴力的な性行為の被害にあってしまった場合(こんなことは、犯罪ですので有ってはならないことですが)は、婦人科の病院で相談をして、緊急避妊を行うことが可能です。

方法はピルを使う方法とIUDを使う方法とが有ります。いずれも婦人科の病院で相談する事をお勧めします。

緊急避妊法一覧

妊娠判定薬

妊娠判定薬は妊娠初期に尿中に分泌される性腺刺激ホルモンの値を調べて妊娠の有無を検...

IUDを利用する緊急避妊法

IUDを利用して緊急避妊を行います。原理としては、IUDの特性を生かして受精卵の...

ピルを利用する緊急避妊法

ピルを利用する緊急避妊法ですが、モーニングアフターピルと呼ばれています。性交後7...


スポンサードリンク

更新履歴