日本医科大学健診医療センター

Top >  ホルモン避妊法

ホルモン避妊法

人工的なホルモンを利用して、避妊する方法ですが、経口避妊薬や筋肉注射や身体にカプセルを埋め込む方法があります。

その中でも注射で女性ホルモンを投与する方法は、約3ヶ月に1度ですが、定期的に通院して、注射してもらえばいいのです。避妊具を使う必要がないし、定期的に薬を飲むわずらわしさもありません。

しかし、100%の確立で避妊できるわけではなく、やはり、失敗のリスクが伴います。また、注射は絶対イヤというご婦人には到底お勧めできません。

日本ではあまり聞く避妊法では有りませんが、治療用としての女性ホルモン注射は、とてもよく耳にします。更年期障害や月経困難症の治療効果成績がよく、とてもよく使われる治療方法のようです。

もしあなたが、100%近い避妊をするのであれば、この方法だけでは足りません。他の避妊具との併用をしてみてはいかがでしょうか。

ホルモン避妊法一覧

ミニピル

ミニピルは、エストロゲン(卵胞ホルモンの事で、原始卵胞を成長させている間の卵胞か...

皮下埋没法(ノルプラント)

プロゲストーゲン(黄体ホルモンのような作用を持った合成のホルモン)が入ったカプセ...

ホルモン注射法による避妊法

プロゲストーゲン(黄体ホルモン様作用を持つ合成ホルモン)を注射することによって、...


スポンサードリンク

更新履歴